news

東京マラソン財団ボランティアリーダー
インタビューvol.3


昨年実施した「2014年度ボランティアリーダースキルアップ講習」に参加した4人のボランティアリーダーの
インタビューをお届けします。



中井 健人さん
 Q1.ボランティアリーダーに応募したきっかけは?
 A)自分がランナーとしてマラソン大会に参加した時、ボランティアさんに
   いろいろ支えてもらったのが嬉しくて、自分もボランティアとして
   ランナーを支えたいと思ったことがきっかけでボランティアに
   応募しました。初めての東京マラソンのボランティアはスタートの
   手荷物預かりでした。2~3時間の短い時間の活動でしたが、
   皆さんとコミュニケ―ションがとれて楽しかったです。
   この時の年上のリーダーがとても印象的で自分も影響をうけてリーダーに
   挑戦したいと思って応募しました。

 Q2.どんなボランティアリーダーになりたいですか?
 A)メンバーが、楽しんで活動してもらうことを一番に考えています。
   でも、活動もきちんとしてもらわないといけないので、指導というか、
   コントロールできるようなリーダーを目指しています。
   また、東京マラソンに参加するすべての方、ボランティアはもちろん、
   ランナーも沿道で応援してくれる人も楽しんでもらえるように、
   大会を支えるリーダーになりたいです。


村田 絵里子さん
 Q1.ボランティアリーダーに応募したきっかけは?
 A)東京マラソンのボランティアに参加した時、年配の男性が
   リーダーだったのですが、とても自由度が高くて活動しやすくて
   とても楽しかったんです。私もそんなリーダーになって大会を
   支えたいと思ってリーダーに応募しました。

 Q2.どんなボランティアリーダーになりたいですか?
 A)初めてリーダーを経験したのは2014大会でした。色々な世代の方がいて、
   ベテランボランティアさんからボランティアが初めての方など。
   率直な感想は「思ったより難しかった。」です。情報が錯綜して対応に
   困ったこともありました。メンバーさんには活動を楽しんで欲しいけど、
   活動はきっちりやってもらわなくちゃいけませんから。
   この経験を次回大会に活かしたいと思います!


尤 波さん
 Q1.ボランティアリーダーに応募したきっかけは?
 A)私はこれまでに2回当選して、東京マラソンを走りました。
   本当に楽しく東京マラソンを走れたのも、ボランティアの皆さんの
   おかげだと思っています。
   だから、自分がランナーの時に支えてもらったので、
   今度は恩返ししたい気持ちでボランティアメンバーとして
   東京マラソンに参加しました。
   その時に、「自分だったらこうこうするのに。」などの
   思いがありました。「だったら自分が皆をリードしていきたい!」と
   思って今回ボランティアリーダーに応募しました。

 Q2.どんなボランティアリーダーになりたいですか?
 A)最低限の与えられたミッションはこなしつつ、ランナーを笑顔で
   サポートしたいです!もちろんメンバーが楽しく活動ができるように
   盛り上げて自分なりに頑張りたいと思います。
   でも、おやじギャグで盛り上げるのはやめようと思います。
   メンバーが引いちゃいますので。(笑)


高原 明子さん
 Q1.ボランティアリーダーに応募したきっかけは?
 A)私は、ランナーではありませんがスポーツを観るのが好きです。
   学生のときには有明サントリーオープン(テニス)のボランティアを
   経験しました。 それからはボランティアとは遠ざかっていましたが、
   2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技会の東京開催が
   決定したことをきっかけにボランティアに再度興味がわきました。
   そんなとき、友達に東京マラソンのボランティアを勧められ、
   やってみようかなと。2014大会でメンバーとして参加しました。
   活動が本当に面白くて、もっと積極的にボランティアに関わっていきたいと
   その時思いました。だから、今回ボランティアリーダーに応募しました。

 Q2.どんなボランティアリーダーになりたいですか?
 A)きっとランナーの皆さんは緊張されていると思います。
   だから、メンバーさんと一丸となり、そんなランナーを気持ちよく
   送りだしたいと思っています。そして活動が終わったときに皆で
   「自分たちの活動がきちんと達成できて良かった!」と言えるような
   活動がしたいです。